Specialized

オーディオ作成時にしばしば発生する作業に特化した
エフェクトおよびユーティリティが用意されています。

Denoiser

【マニュアル】

Denoiser

ディノイザーは録音された音に含まれる「サー」というフロアノイズを除去するためのツールです。
録音レベルが低い場合、適正レベルまでゲインを上げることにより
マイクや機器の本来ごくわずかなノイズが耳に聞こえるレベルまで音声と同時に増幅される事があります。
不要なノイズは取りたいと考えるのが普通ですね。

そこでロジックの中でどんな対処法があるか?というと

  1. ノイズゲート
  2. サンプルエディットウインドウ内のファクトリーメニュー内のサイレンサー
  3. ディノイザー
の3つの方法があります。

ロジックにお任せでノイズが除去できるのはサイレンサーですので、
パラメーターの調整をせずにノイズを取りたい場合はサイレンサーをお勧めします。
ディノイザーはプリセットメニューからノイズのタイプで選んでみてよい結果がでれば使っても良いでしょう。
特にごく軽いノイズの場合有効です。

Exciter

【マニュアル】

Exciter

エキサイターは比較的ポピュラーなエフェクトと言えます。
スタジオには必ず用意されていますし、宅録の方でもお世話になる事は多い事でしょう。

使用目的の一つはオケに埋もれたトラックを浮き立たせる事です。
音圧の高いミックスをしているとこれ以上音量を上げられない、
けれどもギターソロやヴォーカルをもっと前に出したいという場面に遭遇する事があります。
基本的には全体音量を下げるべきなのですが、
下げるとせっかくのテンションが下がってしまう気がして下げたくないと言う場合です。
そんな時でもエキサイターを使う事でそのトラックをより「目立たせる」事ができるのです。

エキサイターは元音にはない倍音を新たに作り出し、
元音に加える事で鮮度の良い(高域特性に優れた)音声を演出する装置です。

Grooveshifter

【マニュアル】

Grooveshifter

グルーブシフターはオーディオを一旦メモリーに取り込み、
タイミングをずらして再生するためのプラグインです。
オーディオ波形の再生タイミングを操作しスイングさせる事ができます。

上手く使うと打ち込みでは決して再現できない、
生演奏の気持ちのいいノリを生み出すことができます。

Speech Enhancer

【マニュアル】

Speech Enhancer

マック内蔵のマイクを使用した時の音質改善プラグインがスピーチ・エンハンサーです。
使う機会はないかもしれません。

SubBass

【マニュアル】

SubBass

サブベースは入力信号に対し1~3オクターブ下の信号を作り出し、
重ね合わせるエフェクトです。

まずサブベースは元音に対して2つのフィルターを持ちます。
HighとLowです。このプラグインはピッチシフターと違い、
抽出した周波数のオクターブ下の正弦波を新たに作るタイプですので、
元音となじませるために元音の基音と倍音とを分けて合成し混ぜる仕組みになっています。

例えばベースをさらに沈み込ませるようなサウンドを狙う場合サブベースを使いますが、
4弦ベースの最低音は40Hz位ですので、
単純にオクターブ下を合成するとそれがもう可聴範囲の下限となってしまいます。
この辺りの周波数に少しパワーが入れば家庭用のスピーカーなら簡単に飛びますので注意して下さい。
自分がトラックダウンする際にはチャンネルイコライザーで30Hz以下はほとんどカットしてしまいます。
いずれにしても適度な使用を心がけて下さい。

▲このページの先頭へ

.