Dynamics

音量に関係するエフェクターです。
特にAdaptie LimiterはLogicで一番便利なエフェクターと言っても過言ではないです。

主に4種類のエフェクターが存在します。

compresser
小さい音を大きく、大きい音を小さくすることで波形を平らにするもの。
音ムラがなくなり、張りのある音になります。

Expander
Compressorと似ていますが、一定の音量を超えたとき小さくするのではなく、
大きくするという点で異なっています。
音量に差が生じるので、より躍動感が出ます。

Limiter
一定レベルの音量を越えると、越えた部分をそのレベルまで下げます。
主にクリップ防止などで使用します。

Noise Gate
Compressor や Limiter とは反対のエフェクターで、
一定レベルを下回る音をさらに小さくします。
低レベルノイズまたはハムノイズをオーディオ信号から除去するときによく使われます。

Adaptive Limiter

【マニュアル】

adaptivelimiter

Logicでの「音圧上げ」の定番Adaptive limiterは波形を歪ませる事無く
いわゆる音圧(音量レベルの平均値)を大幅にアップしてくれます。
市販CDを波形で見てみると隙間無く真っ黒な波形が見られます。
これはトラックダウンやマスタリングの際に音圧を上げた証拠なのです。

もしロジックで音圧を上げたい場合は
この「adaptive limiter」をマスタートラックに用いるとよいでしょう。
クライアントを満足させる音圧を簡単に得る事ができます。

パラメーターは「input」で入力レベルを調整します。
この時点で赤いインジケーターが付くようであれば付かないようにレベルを下げる事になります。
次に「Gain」で実質的な音圧上げを行います。どんなに上げても歪まないというのが凄いですね。
それでもまれに赤いインジケーターが付く事があります。
その際にはインジケーターをクリックする事で赤いランプが消灯します。若干Gainを下げて下さい。
インプットマージンとアウトプットマージンの差が実際に上がった音圧のデシベル表示です。
次に「Out Celling」で出力レベルを調整します。

「自分のミックスが何故市販のCDのサウンドのようにできないのか」
と悩まれる方は多いと思いますが、ご安心ください。
Logicではこのツール一つで解決してしまいます!

レイテンシ(遅延)があるのでマスタートラックにのみ使いましょう。

Compressor

【マニュアル】

compressor

コンプレッサーは最も使用頻度が高いエフェクターの一つです。
また使用方法に多数のノウハウがあり、奥の深いツールでもあります。
初心者でも適切なプリセットを呼び出す事で安心して使う事ができます。

基本的なコンプレッサーの考え方は、全体の音量を上げて、
その上で大きい部分を潰して平らにするというものです。
この概念が大切になるので覚えておきましょう。

まず覚えるべきキーワードは「Threshold」です。
これはどこからが「大きい部分」なのかを決めるための基準値で、
「Peak」「RMS」スイッチでスレッショルドの値に
信号が達したかどうかの反応速度を切り替えます。
通常は聴感に近いRMSにしておきます。
このスレッショルドよりも上の信号が圧縮されるのです。

圧縮率は「Ratio」で決めます。
レシオが大きな比率になるほどスレッシェルドの値を越えた信号を強く圧縮します。
大きい部分はこれで潰されるというわけです。
ただし強く掛けすぎると押しつぶされたような不自然な音声に変化していきます。

「Gain」で全体音量の底上げをします。
通常は「AutoGain」スイッチにより適正なゲインを得られる様になっていますが
音が歪みっぽい等の場合にはオフにしてマニュアルでゲインを調整して下さい。

「Attack」「Release」により圧縮をかけるタイミングを調整する事ができます。
例えばエレキギターのピッキングをそのまま通し、
持続音のみコンプをかけたいなら比較的アタックの値が大きなものになるでしょう。
スレッショルド付近のコンプの「かかる」か「からない」の
区別を自然にしたいなら「knee」ニーの値を上げていきます。

中央のグラフを見る事で非常にイメージしやすくなっています。
実際にどの位圧縮されているかは上部の「Gain Reduction」のメーターで確認できます。
ずっとつきっぱなしは圧縮のし過ぎという事です。コントロールビューには「Output Clip」があり、
Odbを超えてしまった場合の歪み方を選択する事ができます。
どうしてもコンプを使って歪ませたい方のみ使用して下さい。

DeEsser

【マニュアル】

deesser

ディエッサーはあまりなじみのないエフェクターかもしれません。
スタジオには必ず置いてありますが使わない事も多いからです。
主にヴォーカルを録っていてオンマイクでコンプかけ取りのような場合、
セッティングによりサ行(サシスセソ)の発音がキツくなってしまう場合があります。
こんな場合ディエッサーを使う事によってそのキツさを取る事ができるという訳なのです。

元々はイコライザーとコンプを組み合わせて作っていたのですが
徐々に専用の機械を使う様になった訳です。
ですので中身は特定周波数(主に高周波)に対するコンプレッサーとイコライザー(フィルター)です。

Detector Frequencyは検出すべき周波数帯を設定します。
必ずしも減衰したい周波数と一致させなくとも構いません。
Detector Sensitivityはコンプで言うスレッショルドです。
ここで設定された値を超えた場合圧縮が始まります。
Monitorは検出中の(特定周波数の)音をモニターする事ができます。

例えばサシスセソの発音が気になるのであれば
ここでモニターしながらその音が一番よく聞こえる周波数を設定すればよいのです。
検出ができたなら次に右側のSuppressor Frequencyで実際に減衰させる周波数を設定します。
例えば信号の強い所で検出しておいて
実際にはもっと高周波のみ抑制するというような使いかもできる訳です。

次にStrengthでどの位圧縮するかを決めます。
さらにSmoothingで信号が入ってから圧縮するまでのレスポンスを設定する事ができます。 抑制(圧縮)した場合はActionの赤いランプが点灯しますので
どの位効果があるかが視覚的にも確認できるでしょう。

ロジックのトラックオートメーションを使うのであれば、
キツい場所のみに瞬間的にイコライザーを使用する事でも同様の対処ができます。
どちらが良いかは好みの問題でしょう。

Enveloper

【マニュアル】

enveloper

シンセサイザーのEG(エンベロープジェネレーター)にあたるものが
オーディオにもあったら便利だと思いませんか?実はあるんです。
それがこのEnveloperです。

まず、コンプと同じ様にスレッショルドレベルがありますが、
これは下げたままでも動作します。
アタックに対するゲインとタイム、
リリースに対するゲインとタイムを調整することでアタックを増やす減らす、
リリースを増やす減らすが自在にできます。
ゲイン調整のため増減したボリュームをOut Levelで制御します。
「Lockahead」で先読みができますが、通常は0のままで構いません。
エンベローバーで最も効果が高いのはドラムやパーカッションの余韻切りでしょう。
また強すぎるアタック音のみをコンプを使わずに弱くする事もできます。

Expander

【マニュアル】

expander

エキスパンダーはコンプレッサーと似ていますが動作は反対になるエフェクターです。
つまりコンプレッサーがスレッショルドレベルを超えた信号を圧縮させるのに対し、
エキスパンダーは伸張させるのです。
アタックをもっと立てたいときや埋もれた音を前に出したい時等に有効です。
パラメーターはコンプレッサーとほぼ同じです。

Limiter

【マニュアル】

limiter

オーバーレベルの防止に使用します。
デジタルでは信号レベルが0dbを超えた瞬間、音楽が雑音に変わります。
絶対に0dbを超えてはならないという鉄則があるのですが、
このリミッターを使う事でいとも簡単にその危険性が激減するのです。

動作の仕組みはコンプレッサーに良く似ています。
コンプレッサーの大きな音を押さえ込む機能のみ取り出したようなものです。

「Gain」は真ん中が0dbで上下に20dbずつ設定する事ができます。
上に上げていく事でステレオ信号に早くからリミッター動作が加わるようになります。
そういう意味ではスレッショルドとして考えていただいても結構です。

「Lookahead」は先読みの程度を調整します。
大きな値にすることであらかじめピークに備える事ができ
余裕のあるリミット動作が得られます。(その分信号が遅延する事に注意して下さい)

「Release」は信号に対するリミッター動作が必要なくなってから
実際にリミッター動作をやめるまでの時間です。
大きくする事でレベル変動感の少ない滑らかな動作が得られます。

「Output Level」で出力レベルを+-10dbの範囲で調整します。
「Softknee」はスレッショルド値付近の動作を滑らかにします。

Multipressor

【マニュアル】

multipressor

マルチプレッサーはマルチバンド・コンプレッサーの略であり、
マスタリングツールとして絶大な効果を発揮する
最大4つの周波数を分割したコンプレッサー&エキスパンダーですが、
それだけに動作は複雑で最終的に耳での判断を必要とします。

相当耳に自信があるのでなければ使用しないほうがいいでしょう。
他のエフェクターが充分優秀なので、通常使用するようなケースはないです。

Noise Gate

【マニュアル】

noisegate

ノイズゲートはスレッショルド値より大きい信号は通し小さな信号は通さないという、
文字通り門(ゲート)のような働きをするエフェクトです。
結果的にノイズを遮断し必要な音のみを取り出す事ができます。

しかしこの目的で使用する場合、トラックオートメーションで無音部分を下げる
という方法をとったほうが効果が高く確実ですので、使用する機会は少ないです。

Silver Compressor

【マニュアル】

silvercompressor

Logicが現在のようなProとExpressになる前に
シルバー、ゴールド、プラチナとランクを分けていた時代がありました。
このコンプレッサーは当時のシルバーシリーズに搭載されていたプラグインです。
コンプレッサーのパラメーターが多すぎて訳が分からないという方は是非こちらをお使い下さい。

スレッショルド、アタック、リリース、レシオの4つのみのシンプルなコンプです。
どうしても高級な方のプラグインを使いたがるものですが、
こちらを使ったとしても音が悪い訳ではありません。
むしろ不要なパラメーターを省略しているため、シンプルに音作りができます。
またCPU負担が少ないという利点もあります。

Silver Gate

【マニュアル】

siilvergate

こちらもロジックシルバーに付属していたシンプルなゲートです。
ロジック内でゲートを使わなければならないケースはそれほど無いのですが、
例えばギターアンププロを使用してギンギンに歪ませたような場合は
本物のアンプ同様ノイズが出てしまいます。
そういった場合はこのシルバーゲートもしくはノイズゲートを使うとよいでしょう。

▲このページの先頭へ

.