Metering

メータリングツールはエフェクターではなく、
さまざまな方法でオーディオを分析するためのツールです。

たとえば、BPM Counter はオーディオファイルのテンポを、
Correlation Meter は位相関係を、
Level Meter は入力されるオーディオ信号のレベルを表示します。

BPM Counter

【マニュアル】

BPM Counter

オーディオやオーディオインストゥルメントの音声からテンポを計測し数値表示してくれるカウンターです。
オーディオ波形のアタック部分には単独のパルスが含まれています(トランジェント)
そのトランジェントを探し出し、テンポ計測します。
なのでパッド系のサウンドやストリングス等の持続音では計測できません。
計測中は数字が点滅し、計測できると点滅が終わります。
この数値をクリックすることで再度計測させる事も可能です。

Correlation Meter

【マニュアル】

Correlation Meter

同じものがマルチメーターにも入っています。
これはステレオ音声の位相チェックに使われます。
例えば左右の位相がまったく同相であれば、メーターの目盛りは+1の方向へ進み、
位相の変化がなければそのまま右端で止まります。
反対に位相がまるで逆相の場合(モノラルにすると音が消えてしまう)は
赤い左方向へ向かい完全逆相の場合は左端で止まります。
真ん中あたりをうろうろしているのは位相がズレている状態を表します。
例えば同じ音源をオンマイク、オフマイク2本で録ろうとした場合位相のずれが生じますが、
このメーターを見ながら調整する事で視覚的にズレを解消できるでしょう。

Level Meter

【マニュアル】

levelmeter

マルチメーターのレベル表示を取り出したプラグインです。
しかしアルゴリズムが違うのかマルチメーターのレベル表示とは明らかに違う動作をしています。
ずばりこちらの方が見やすいです。
特にRMSはアナログのVUメーターとほぼ同じ速度のようにに感じます。
また急に音を止めた場合など、ゆっくりと下がっていく感じに高級感があります。
マスタリングソフトのウェーブバーナーにも標準で出てきますので普段から慣れておくと良いでしょう。

表示モードはPeak、RMS、Peak&RMSの3モードから選べます。
また、マージン(レベルが0dbまであとどの位あるか)表示もあり、マウスクリックでリセット可能です。
もしも0dbを超えた場合は赤く色が変わり、超えたマージンも表示されますので、
同じ数値だけフェーダーを下げる事でクリップを避ける事ができます。
ただし、ポストフェーダーなのはマスターセクションのみで、
トラックにアサインした場合は波形そのもののレベル表示となり、フェーダーの影響を受けません。

マスタートラックには必ず入れておきましょう。

Multi Meter

【マニュアル】

Multimeter

トラックダウンやマスタリング時に最も活躍するのはこのプラグインです。
このプラグインが登場するまでは、最後の音決めは耳と経験と勘だけが頼りでした。
ところがこのプラグインのおかげで誰でも視覚的に周波数分布や位相チェック、
レベルオーバーしていないか?等が容易に確認できるようになりました。
このような便利なツールはアナログ時代ならスタジオ、音響メーカーやオーディオ評論家、
一部のオーディオマニアしか買えるものではありませんでした。これもデジタルの恩恵と言ってよいでしょう。
あなたがロジックユーザーでなければ数万円以上投資してこのプラグインを買う事になっていたでしょう。

左のGoniometerをクリックするとゴニオメーターに切り替わります。

Goniometer

ステレオの位相チェックの為にスタジオには必ず置いてある装置です。
Lは左スピーカーRは右スピーカーを、Mは真ん中を想定しています。
例えばテストオシレーターで正弦波を出し、ゴニオメーターを観察してみましょう。
モノラル、又はステレオでも位相のずれが無ければ
まっすぐな線でパンポットの位置をそのまままっすぐな線で表してくれます。

Tuner

【マニュアル】

Tuner

シンプルなチューナーです。
設定でソフトウェアモニタリングがONになっていると機能します。
ギターやベースを繋いで録音する際などに便利です。

▲このページの先頭へ

.