ご挨拶

このサイトに足を運んでくださり、ありがとうございます。
ご挨拶と銘打っておきながら、ちょっと大人の事情があるので名乗ることができないのですが、
わたしは現在、ゲーム音楽を中心に、劇伴音楽などの作曲家としてプロ活動をしています。

このページではわたしがどのようにDTMを始め、
Logicと出会い、プロになったかという話を書いていこうと思います。

音楽との出会い

実は、わたしが音楽を本格的に始めたのは高校に入ってからです。
小さい頃から音楽の授業が好きで楽譜を読むことはできましたが、
楽器が弾けるわけでもないし、音楽知識があるわけでもありませんでした。

これを読まれた方は、それで作曲家になれるのか!?と思われるかもしれませんね。

音楽をやりたいと思ったきっかけは、ゲームをやっていたときに、
「音楽と映像が合わさったときに、人の心に与える力って凄いな。」と思ったことでした。

それでとにかく音楽がやりたくて、高校で吹奏楽部に入ったのです。
ピアノもそこで友人に教えてもらいながら独学で覚えていきました。

楽器が弾けなくても作曲できる、それがDTMだ!

楽器がそんなにできない。特別な音楽知識もない。
そんなわたしでも作曲できるツールがありました。

Desk Top Music、打ち込みなどと呼ばれるパソコンを使った作曲です!

これを使えば、もしかしたら、わたしも作曲ができるかもしれない。
わたしが感動したあの曲みたいな音楽が作れるかもしれない。
そう思うととても魅力的なものに思えて、すぐにソフトを買いに行きました。

このときは、比較的簡単そうに見えたことと、安価だったことから、
Singer Song writer というソフトを購入しました。

このシーケンサーソフトというものは素晴らしいものでした。
誰かを感動させられるような曲はまだ作ることができなかったものの、
音楽を作り、再生し、それを聴くことができるというのはとても楽しいことでした。

楽器も満足に弾けず、音楽知識にも乏しいわたしでも、作曲ができるのですから、
これほどエキサイティングなことはありませんでした。

専門学校へ

もっと技術や知識を学んで、可能なら作曲を仕事にしたい。
そう思ったわたしは専門学校に進むことにしました。
これはなかなか親とは揉めることになりましたが・・・・。

さて、専門学校で作曲を学んでだんだん分かってきたことは、
自分が持っている音源がショボいということでした。
当時持っていたのはYAMAHA-MU2000たった1台のみ。
加えてSingerSongWriterではオーディオ面の機能が弱く、
どうにも作る曲のクオリティが上がらないという悩むことになりました。

このとき、専門学校のPCにインストールされていたのはCubaseというソフトです。
CubaseはVSTプラグインと相性がいいので拡張性が高く、
高品位なシーケンス&DAWソフトでシェアも高いので当然でしょう。

今の自分の問題を解決するためにCubaseを買うか・・・・。
しかしCubaseを買うなら音源も買う必要がある・・・・。
学校でもよく使うReasonや、Motifがあったら高品質なものが作れるけど、
全部揃えていったらいくらかかるんだろう・・・・

音楽のクオリティと金銭的負担の狭間で悩んでいたそんな時です。
ついにLogicと出会う日がやってきたのです。

Logicとの出会い

専門学校の1年目が終わろうかという頃、
とある先生の作業を個人的に見る機会がありました。
この先生が使っていたソフトが何を隠そうLogicだったのです。

実は当時LogicはAppleではなく、MIDIAという会社が作っていて、
10万円以上する高級ソフトでした。
友人や同級生では誰も使っておらず、学校のPCにはインストールされていないので
このとき初めてLogicというソフトを触りました。

圧倒されたのはやはり、そのプラグインの多さです。
これでもか!というくらいにたくさんの音源とエフェクターが内蔵されているのは
他のソフトとは一線を画していました。
今でこそバンドルされる音源やエフェクターの多いソフトも存在しますが、
当時はそのようなソフトは他になく、今に至ってもそのクオリティ は群を抜きます。

この先生、非常にLogicマニアというか、狂信的な人で、
Logicの良さをわたしに布教、もとい、熱弁してくれました。
わたしの金銭面の悩みを全て片付けてくれるプラグインの多さ、
オーディオ面でのトラックの扱いやすさや機能性、
果てはWindowsなんか捨ててMacに乗り換えたほうが便利!というものまで。

そして、なんと目の前で即興で曲を作ってくれたのです。
標準のプラグインを使用して、打ち込みのみでの作業です。
そこから流れるようにMIXへ移行し、これも標準プラグインのエフェクターのみで、
きちんとした音に仕上げ、あっという間にバウンスして
オーディオファイルに仕上げてしまいました。

これを見てあまりの操作性の良さと、プラグインの多さとクオリティに圧倒され、
わたしは、今までの悩みも忘れてすぐに購入を決めたのです。

ついにLogicを手に入れた!

購入を決めたわたしは、バイトで貯めたお金を使い果たし、
秋葉原のsofmapでiMacとLogic、それにオーディオインターフェイスなど必要なものを揃えました。

商品が家に届いたらまず、使い勝手を覚えるためにも簡単な曲を作成してみることにしました。
ハード音源を利用する場合は音源マップなどの追加が必要になりますが、
特に初期設定で難しいことはなく、すぐに作業にかかることができます。

ちなみに現行のLogicにはありませんが、
当時はドングルをUSBに挿さないと起動しないようになっていました。

制作に取りかかってまず思ったのはやはり圧倒的なプラグインの数と質の高さ、
そして今までに味わったことのない操作性の快適さでした。

windowsユーザーが決して味わうことのできない横スクロールの滑らかさ、
打ち込み→オーディオMIXの流れるよな作業のスムーズさ。
始めての体験でした。学校のPCはCubaseなのに先生がわたしにLogicを勧めたのも頷けます。
当時のMacはMityMouseでしたが今ではMagicMouseかトラックパッドなので、
その操作性は更に良いものとなりました。

今でもたまに仕方なく現場でCubaseを使うことがあるのですが、
一度Logicを使ってしまうと、他のソフトが使いづらくて仕方ありません。
それ程にLogicは使いやすいのです。

このとき作った曲は未だに覚えています。
簡単なコードに、AppleLoopのドラムビートを少し編集して加え、
ビートに合わせてリズム体をまとめ、メロディを作り、
そのままオーディオエフェクトを掛けてミックスまで行ってしまいました。

その曲は今まで作った曲のクオリティに比べて飛び抜けてよく出来ました。
環境が与える変化がここまで大きいとは思ってもいませんでした。

実は、音源がいいと、人の耳はそれだけで曲まで良いものと認識します。
そしていい音源、録音状態の良い音に適切なオーディオエフェクトを掛けると、
更に良い音に仕上げることができます。
逆にショボい音源、録音状態の悪い音にはどれだけエフェクトを掛けても
たいした効果を上げることができないのです。

そしてグランドピアノと電子ピアノを引比べたことがある方はわかると思うのですが、
いい音で作った曲はシンプルでもしっかり響くため心地よく、
ちょっとコードを鳴らしただけで曲に発展するような響きを持っています。
ショボい音源で作った曲は発展性に掛けてイマイチ曲に発展しません。

こうしてLogicを手に入れたわたしは、自分の曲のクオリティを上げることに成功し、
学校での評価も上げ、その後ついに初の仕事をすることになるのです。

初仕事、そして・・・

仕事ではいくつかの曲を作ることになりました。
さて、ここでわたしは素晴らしいいくつかのLogicの利点を知ることになります。

まずは音圧問題です。このサイトのあちこちで紹介している通り、
「Adaptive Limiter」を使うだけで音圧を簡単に上げることができました。

これは非常に重要で、単純に楽曲のミックスのクオリティを上げられることと、
複数の楽曲を同じように音圧上げしたことでマスタリング的な効果を得ることが出来ました。
どの楽曲も同じような音圧に揃ってしまったのです!これは便利!

また、ミニマルのようにループ素材を繰り返して使いたい場合も、
繰り返したい部分(リージョン)をドラッグするだけでループしてくれます。
これはちょうどACIDというソフトと同じイメージです。
ACIDを使ったことがある方は、あの操作性と同じと思ってください。

「あの曲で作ったドラムビートをそのまま使いたいな」とか思ったことないですか?
こういう場合、その曲のファイルのMIDIデータをコピペしてもってきたりしますが、
よく使うビートなんかをAppleLoopに登録しておくだけで
使いたいときに簡単に呼び出すことができるのです!便利!

作曲に煮詰まってきたら、やっぱりAppleLoopの出番です。
適当に選んで合わせてみます。AppleLoopの音は最初からエフェクトがかかっていて
完成度の高い音色になっているので、けっこうしっくりきます
それから音色にもたくさんのテンプレートみたいなプリセットが用意されています。
エフェクターが予めセットされていて使い勝手がいいです。

使い勝手がいいおかげで必要な曲数を思ったより早く仕上げることができました。

さて、ここまでが学生時代の話です。
この仕事をきっかけに卒業してから、プロとして活動することとなりました。
さぁプロとして活動するに当たって、果たしてLogicでやっていけるのか!?

つづく
(このサイトの存在自体が答えですね。)



▲このページの先頭へ

.